育毛剤と副作用。

男性型脱毛症に効果がある成分は、
男性ホルモンに直接作用します。
男性ホルモンのテストステロンが、
ジヒドロテストステロンに変質しないように、
5aリダクターゼという物質と結合するのを阻害するのです。
ホルモンは身体の調子を整える大切な役割を果しているのですから、
そういった物に働きかける成分に、
副作用がないか心配になってくるでしょう。
実際、副作用が出る可能性というのは、少ないながらもあるようです。
フィナステリドの場合ですと、
性欲減退や精子の減少。腹痛、下痢、頭痛、肝障害。
そういった例がいくらか見られるようです。
ミノキシジルという成分の場合も、
15%というような高濃度の育毛剤を使っていくと、
性欲減退、頭痛、めまい、低血圧、体重の増加。
という副作用が出てくる可能性があるそうです。
誰にでもと言う訳ではありませんが、可能性としてはあるのです。
こういった成分を配合した育毛剤を使っていて、
何か異常を感じたら、即座に使用をやめて、
医師に相談しなくてはなりません。

男性型脱毛症を抑える成分とは。

男性型脱毛症はやっかいな症状と言えるでしょう。
どうにかして防ぎたいものです。
そういった効果のある成分があります。
フィナステリドという物が、その一つです。
男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンが、
ジヒドロテストステロン(DHT)に変化する事で引き起こされます。
テストステロンがDHTに変質する時には
5aリダクターゼと呼ばれる物質と結合します。
この5aリダクターゼとの結合を防ぐ働きが、
フィナステリドにはあるのです。
その為、フィナステリドが頭皮にあると、
男性型脱毛症が防がれるのです。
とは言え、これにも個人差がつきまといます。
中には効果がない人もいてしまいます。
それでも男性型脱毛症を防ぐ重要な成分として、
フィナステリドは注目されていて、
育毛剤の中にもこれを含む物が出ています。
ホルモンに直接作用する成分なので、
副作用について心配する声もあります。
あまり若いうちから使うのはやめておいた方がいいかもしれません。

男性特有の男性型脱毛症とは。

男性は女性と比べると、薄毛になる事が多いです。
なぜこれほど薄毛になるのでしょうか。
それは、男性の場合は男性型脱毛症という症状が現われるからです。
男性型脱毛症は、
男性ホルモンのテストステロンが引き起こすと考えられています。
男性ホルモンが原因なので、女性には発生せず、
男性特有の症状になるのです。
テストステロンがジヒドロテストステロンというホルモンに変化すると、
男性型脱毛症が進行していきます。
男性型脱毛症は進行性なので、
放って置くとどんどんと症状が進んでいき、薄毛がひどくなっていきます。
男性型脱毛症になるとヘアサイクルに悪影響が出てきて、
細く弱い髪の毛が生えるようになってきます。
そうなると、抜け毛がひどくなり、
薄毛になるのです。
育毛剤の中には、
このジヒドロテストステロンが発生しないような成分を、
含んで、男性型脱毛症を防ぐという物があります。
それでも個人差があるので、誰にでも効くというわけではないのが実情です。
詳細はこちら(⇒ミノキシジル)のサイトで!

髪の毛のヘアサイクルとは。

ヘアサイクルという言葉があります。
髪の毛が伸びていき、最後に脱毛するまでのサイクルの事です。
そういうサイクルを経るので、
脱毛するというのは自然な事なのです。
1日に50~100本くらい抜けるそうですが、
髪の毛は全部で10万本程度あるので、
通常の脱毛なら、大した問題ではないと分かります。
さて、ヘアサイクルですが、大きく分けて3つの段階に分かれます。
まずは成長期です。
髪の毛が生えて、伸びていく期間です。
これが2年~7年続きます。
次に退行期です。
毛乳頭が頭皮から離れ、毛母細胞の活動が止まります。
髪の毛は伸びなくなり、脱毛への準備が始まります。
この期間は2週間~3週間程度です。
最後は休止期です。
毛球が収縮し、いつでも脱毛できる状態になります。
3ヶ月~5ヶ月程度の期間を経て、脱毛します。
髪の毛の状態が悪い時は、
このヘアサイクルが乱れている可能性が高いです。
成長期に成長しきれずに、細くて弱い髪が生えてしまうのです。

頭髪はどのように構成されているのか。

一本の髪の毛は、どのように構成されているのでしょうか。
手で抜いて見てみると、
長い毛の根本に、球形の部分があるのが分かります。
まずは頭皮の外に出ている部分を毛幹と言っています。
そして頭皮の内側にある部分をまとめて毛根と言っています。
球形の部分を特に毛球と言います。
毛球には窪んでいる部分があります。
これを毛乳頭と呼んでいます。
毛乳頭は頭皮とつながっていて、毛細血管と神経が通っています。
毛細血管を通じて、髪の毛に栄養が供給されます。
供給された栄養分は、毛乳頭の周りにある毛母細胞に伝わり、
毛母細胞が細胞分裂する動力になります。
毛母細胞の細胞分裂する頻度は多く、
大人の体内では、一番活発に細胞分裂する細胞だと言われています。
そうやって分裂した細胞が髪の毛として、
外へと伸びていくのです。
こういった髪の毛の構成を知った上で、
育毛について考えていくと、
いかにして毛母細胞に栄養分を届けるかが肝心だと分かってきます。
頭皮の毛細血管から確実に栄養分を届けるように、
頭皮のコンディションを整えるのです。