育毛剤を手作りとは。

世の中にはさまざまな育毛剤がありますが、
いっそ手作りしてしまおうという人もいるようです。
いろいろな成分が育毛の役に立つと考えられています。
エビネという、日本の山などに自生しているラン科の植物。
ミカン。
マイタケ。
イチョウの葉。
にがり。
ルイボス茶。
アロエ。
漢方薬を使った育毛トニック。
などといったものがあるそうです。
手軽に作れそうなミカンの場合、ミカンの皮を薄く剥いて、
陰干しをした上で、ホワイトリカーに漬け込みます。
そしてミカンの皮を取り除いて出来上がりです。
頭皮マッサージをしながら使います。
アロエは日本では
昔から薬の代わりとしてよく使われていた植物です。
タンニン酸が多く含まれ、
細胞を活性化したり再生する作用があると
考えられています。
このアロエをやはりホワイトリカーで漬けると
育毛剤になるそうです。
とは言え、こうした手作り育毛剤を使うのは、
自己責任になるので、
事前に腕などに付けて24時間様子を見る、
パッチテストをして、肌との相性を見ていく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>